ゴルフが上達したい人のコースマネジメント

芝本一晴です。

 

ゴルフが上達して、80を切りたいなら、パーオンのことばかり考えていてはダメです。重要なことは、ミスした時のことまで考えてゴルフをすること。これが、シングルプレイヤーへの近道です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで出題され、反響が大きかった問題を一部改変して作成しています。

 

ドライバーがナイスショットで絶好のポジションだったら、絶対グリーンオンして、バーディ!少なくともパーセーブしたい!な~んて誰もが意気込んで2打目を打ちますよね。

 

でも、考えてみてください。

 

シングルプレイヤーでも、パーオン率50%、スコア90前後の人ならパーオン率20%くらいなんですよ。そもそもミスの方が多い。

 

ミスした時のことまで考えないとゴルフは上達しない。

 

プロゴルファーは、どのミスなら許容できるかまで、考えて打ちます。言葉を変えていうなら、絶対に行ってはいけない場所や、起こりやすいミスを判断する能力があります。

 

実際に、プロゴルファーを目指している成澤祐美選手(18歳)も、地区レベルでしか活躍できていませんでしたが、ミスした時のことまで考えてラウンドするようになった途端、国体で活躍できるように。

 

スコア90前後以上のアマチュアゴルファーから、「実行できる技術がないと意味ないやろ!!」と言う声が聞こえてきそうですが・・・

 

技術を身に着けてから、この能力を付けるより、同時並行でミスをした時のことまで考えられるようになった方が、ゴルフの上達が倍速以上になって、必ずライバルに差が付きます!

 

ゴルフが上達したければ、どうやって攻めるか考えてみて

 

ピンまで150Y (5Yの打ち上げ込み)、上りのミドルホールの2打目。絶好のポジションで、絶対に乗せたい!と誰もが思って、想いが強い人ほど力んで、ミスしてますね。(笑)

まぁ、シングルプレイヤーでもパーオン率50%なんだから、ミスして当たり前なんですが・・・

力んでミスすると、次のホールにも響きます。

 

 

 

 

グリーン周りの状況を見ると、強い受けグリーンで奥につけるとパットが難しそう!

左バンカーは気になるし、左奥に落としてもアプローチが難しそうです。

ここまで考えると、ただピンに150Y打てばいいわけではないことがわかってきます。

 

2打目の選択肢は何??

 

ピン方向に150Yのクラブで打つ?バンカーを避けてグリーンセンター方向(右方向)に150Y打つ?それとも、160Y飛ぶクラブなど、大きめのクラブ選択をする。などの選択肢が考えられます。

 

ゴルフ上達を目指すスコアメイカーメンバーからは、乗せる場所よりも、とりあえずグリーンに乗せることを最優先に考える!だったり、バンカーだけは避けたい。グリーンの速さによって選択肢が変わるから奥は無理~。自分の技術に照らし合わせながら、ミスした時の状況を一緒に考えてもらいました。

 

プロは何を考えて打っているのだろうか??

 

バーディを取らないと試合に勝てない!予選通過できない!というのであれば、ミスのことなど考えず、ピンをデッドに狙う!

 

ボギーにだけはしたくない場面では、バンカーを避けるように、グリーンセンター方向に150Y。右に外しても寄せワンの可能性高い安全な攻略法です。

 

スコアや残りホールで選ぶ攻略法が変わります。ゴルフ上達の近道は、スイングをただ練習するのではなく、ラウンドしたときのスコアメイク技術を高めることが大切。

 

でも、プロはナイスショットがナイス結果になる方法しか選択しません。160Y打ってしまうとナイスショットで、3パットの危険ありの奥についてしまいます。グリーンに乗せたいアマチュアゴルファーの選択肢、左にミスすると、打ち上げのアプローチで難易度も上がります。

 

ちなみに、左足上りのライは、フックボールになりやすいので、引っ掛けは要注意です。

 

わかっているけど、ミスっちゃう

 

ゴルフ上達の仕方を、いくら頭の中でわかっていてもミスはするもの。ダフったり、トップしたり、距離感が合わなかったり、フックを打つつもりが、スライスが出たり、バンカーを避けたつもりがバンカーに入ったりなどなど、90前後のアマチュアゴルファーならうまくいかないことも多くありますよ・・・

昨日の練習は完璧だったのに、なんで??みたいな。

 

ミスにも減らす順番があるって知っていました?

 

実はミスにも減らす順番があります。ゴルフ上達にはナイスミスも大切。すべてが完璧に打てるならプロになれます!ってかプロも完璧じゃない中でプレイしていますし、全部完璧にできたらプロを越えられます。

 

まず減らしたいミスは、ドトップのミス。

プロゴルファーの試合中継を見ていて、ドトップのミスを見たことありますか?

ドトップのミスは、ダウンブローで打てていない証拠。ダウンブローで打てるようになると、ドトップのミスが減ってハーフトップのミスまでで収まります。

 

次に減らしたいのは、ドダフりのミス

ドダフりなどのミスを極力減らすように練習しましょう。ほぼ、同じ位置から2回打つのは悲しいですもんで。いっちょかみのダフりは、ナイスミスです。ダウンブローで打てている証拠

 

最後に、避けたミスはしない。

バンカーを避けて打ったのであれば、バンカーにだけは入らないように。右を避けたのであれば右にだけはいかないように。

例え、チーピンを打ってしまっても、右に行かなければOKと考えるようにしましょう。

 

ミスした時は、練習あるのみ、自分がまだ下手だと認識して練習すれば必ずうまくなります。それは他のスポーツと一緒です。

 

本日のまとめ:そもそもゴルフの上達ってめっちゃ難しい

冷静に考えてみてください。ゴルフは、スマホほどの大きさのクラブで400M先の小さなカップに4打で入れなければなりません。そもそもメチャクチャ難易度が高いスポーツ。まずはミスして当たり前と思うことがゴルフ上達には大切です。

 

少なくとも、ほとんどの人がゴルフ上達の方法と考えている「自分が思った通りのボールが打てるようになってから、ゴルフ上達に必要なスコアメイクスキルを学ぶ」順番よりも、スコアメイクスキルを学びながらゴルフが上達する練習をした方がスコアアップの近道です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です