今すぐできる接待ゴルフを成功させる3つのポイント

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

皆さんがゴルフを始めたきっかけはなんですか?

・自分から興味を持って始めた。

・親からすすめられた。

・先輩から無理やりやらされた。

・接待ゴルフのために始めた。

 

サッカーや野球、テニスと違って自分からゴルフを始める人は少ないようです。

私は、接待ゴルフのために、仕方なく始めた派です。(笑)

 

ちなみに始めた時の心境はというと・・・

 

せっかくの休みが丸一日潰れる。

止まっているボールを打つのなんて何が面白いかわからない。

おっちゃんから、若いのに飛ばない!などと言われる。

プレイフィも他のスポーツに比べて高い。

 

今では、ゴルフ大好き人間になっていますが、本当に仕方なく、ゴルフを始めました。接待ゴルフにお付き合いというやつです。

 

押さえておきたい接待ゴルフの3つの意義

 

①ゴルフは、人生の先輩とのコミュニケーションツールになる!

 

得意先や上司は往々にして、人生の先輩であることが多い。仕事では雑談をして相手との距離を縮めなさい。と言われるけど、年齢が違い過ぎて話題がない。。

 

そんなときに、ゴルフは役立ちます。

 

 golf-population

GMnewsより

 

グラフから見て取れることは、年齢が進むにつれて、ゴルフを趣味にしている人が多い。ビジネスにおけるキーパーソンがゴルフ好きな可能性が高いのです。

 

お金が他のスポーツよりもかかるというものありますので、必然的に年齢層が上がります。

例え、一緒にラウンドしたことがなくても、仲良くなるきっかけがゴルフ談義から、なんてことも!

 

②銀座で接待するより接待ゴルフの方が仲良くなれる?!

 

お得意先を銀座で接待という業界もあるのではないでしょうか?!

おいしい料理を食べて、2時間半、ゆっくりお話しすることができます。

 

もし、接待ゴルフなら??

 

最低でも6時間は一緒に時間を共有することが可能です。

 

銀座での接待は、「商談」の意味合いが強く、相手が構えてくる可能性もありますが、ゴルフというスポーツを通してだと、相手の肩の力が抜けていることも多く、よりざっくばらんなコミュニケーションが取れます。

 

昼休憩には、1時間程度の食事時間もありますし、ラウンド終了後のゆっくりしているときにも商談することが可能です。

 

公務員と利害関係者は、接待やゴルフが禁止されています。

なんと?!割り勘で行くこともダメ!

 

テニスや他のスポーツはOKなんです。

 

それだけ、ゴルフは相手と仲良くなれるスポーツ。仕事でのメリットが非常に大きいスポーツです。

 

③1回の接待ゴルフで相手の人となりが分かる。

 

またまた、銀座の接待と比較しますが、食事の席では隠し通せる本性もゴルフの場では出てしまいます。

 

「ゴルフを人生のようだ。」と例える人がいるくらいで、

思った通りにプレイできるし、ゴルフなんて簡単!と思える日もあれば、

昨日の練習でうまくいったのに、なんで今日は??みたいな日もあります。

ラッキーがあったり、アンラッキーがあったり、雨が降ったり、風が吹いたり・・・

 

こんな波に揉まれながらのプレイです。

いきなり怒り出す人や

静かになる人

クラブを投げる人

いつでも楽しそうにラウンドする人。

 

1回の接待ゴルフで、相手の素の部分を良く知ることができます。

 

人の根幹の部分を知っていれば、その人の距離感も掴みやすくなります。

 

たった1回ラウンドするだけで、相手のことが良くわかるなんてスポーツはゴルフ以外に無いでしょう。

 

ただ、自分もしっかり見られているので、気を付けてくださいね。

下手でも大丈夫。好感をもたれるような術を知っていれば、相手との距離感が一気に縮まります。

 

今からできる接待ゴルフを成功させる3つのポイント

 

接待ゴルフが上司や得意先とのコミュニケーションについて有効なことはわかったと思いますが、仲間内で行くゴルフとは違う、成功させる接待ゴルフで押さえておきたいポイントについて、ゴルフ場選びからラウンドでの注意点まで紹介します。

 

今からできる接待ゴルフを成功させるポイント1:ゴルフ場選び

 

ゴルフ場選びは、まずは予算と相談になると思いますが、下記のポイントを押さえながら選んでいくと良いと思います。

 

トーナメントを開催したことのあるコースや接待コースと言われるゴルフ場を選ぶ

トーナメントコースは、過去に何らかのトーナメントが行われていたことのあるゴルフ場です。

コースのメンテナンスやスタッフの対応などが良いケースが多く、「○○大会」が開催されたコースです。というと、相手にも安心感を与えることができますし。箔も付きます。ただ、スコアが出にくいケースが多いので、スコアが悪いと機嫌が悪くなる相手と行くのは避けた方が良いかもしれません。

 

接待コースと言われるゴルフ場は、スコアの出やすいゴルフ場です。スコアがいいと気分よくラウンドできますし、相手との距離も縮まりやすくなります。

接待コースはフェアフェイが広く、ヤード表示も甘めでいつもより飛んでいるように錯覚が起きるようなゴルフ場です。

 

次に大切なポイントは、詰め込み過ぎないゴルフ場を選ぶ

ハーフに3時間、休憩1時間半、ハーフ3時間だと、1打1打、待つことになり、リズムよくプレイすることができません。

楽天GORAやGDOの書き込みで、そのようなコメントが多いゴルフ場は避けた方がいいかもしれません。

 

最後に、相手の自宅から行きやすいコースを選ぶことも考慮しましょう。距離もそうですが、帰りに大渋滞ポイントがあるケースは、早めのスタートにして渋滞をできるだけ避ける配慮も必要です。

 

ゴルフ場の予約サイトには、楽天GORAとGDOが予約にはメジャーだと思いますが、予約できるコースや時間帯が異なるケースがあるので、どちらも見ておくことをお勧めします。

楽天GORA

ゴルフダイジェスト・オンライン

 

明日からできる接待ゴルフを成功させるポイント2:ラウンド前

 

接待ゴルフでは、迎えに行くケース、ゴルフ場で待ち合わせるケースがあると思いますが、打ちっぱなし場があるゴルフ場では、30分以上前に着くように集合時間や出発時間を考えて行動することが良いと思います。

逆に打ちっぱなし場がないゴルフ場もありますし、あっても小さいというケースもあります。その場合は30分前に着いておけば十分です。

 

当日のドリンクを人数分買っておくことはオススメです。

迎えに行くときは、車の中で飲めるコーヒーと、ラウンド中に飲むお茶又はスポーツドリンクを。

ゴルフ場で待ち合わせしているとき人数分のラウンド中に飲むお茶又はスポーツドリンクを買っておいて、「今日はよろしくお願いします!」と言いながら渡すと、かなり好感度が上がること間違いなしです。

 

明日からできる接待ゴルフを成功させるポイント3:ラウンド中

 

これは接待ゴルフに限らず、すべてのラウンドで言えることですが特に注意して行動してください。ゴルファーには、マナーに厳しい人も多いので。

 

 

ショットやパットの時は、スイング中に視界に入らないように立つ。

わからないときは、とりあえず離れる。パターのときは、ライン上に立たない。この2つだけ意識してみてください。

 

「ナイスショット」の掛け声は、ボールが落ちてから

これは結構間違いやすいのですが、打った瞬間に「ナイスショット!!」という人がいます。途中から大きく曲がってOBや落ちどころが悪くてOBなんてケースもあります。

その場合は、ナイスショットとはなりませんので、できるだけ落ちたところが確認できてから「ナイスショット!」と言うように心がけた方がいいと思います。

そして、相手の良かったショットやホールを覚えておくようにしましょう。休憩中やラウンド終了後に、「○番のドライバーショット最高でしたね。」とか「○番のバンカーからのリカバリー完璧でしたね。」と、相手を上手に(嫌らしくなく)褒めることができます。

 

褒めるという点でいえば、道具もチェック

最新のものや高級なものや特注のもの、ゴルフが好きな人は道具にもこだわっているケースが多いものです。さりげなく道具もチェックすることで相手との会話に繋がります。

 

相手のショットまで覚えている余裕はない、ゴルフクラブなんて詳しくない!という人は、おそらく初心者が多いのではないでしょうか??

 

そんなときには、クラブを2~3本持って走ることです。相手が「カート乗ればいいのに。」と言われても走る。

相手には、「迷惑かけないように一生懸命だなぁ。」と悪い印象になることは避けられます。年齢やスコアで限度があるとは思いますが・・・

 

今回は、接待ゴルフを成功させる「ゴルフ場選び」「ラウンド直前の行動」「ラウンド中の行動」のポイントについて紹介しました。是非ラウンドを一緒にした方と、仲良くなってくださいね。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に相談したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です