危険!ゴルフスイングで実践してはいけない3つのアドバイス

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

ゴルフスイングでこんな事考えていませんか?

・頭を動かしてはいけない。

・スエーしてはいけない。

・腕は曲げてはいけない。

 

どうですか?当てはまっている項目はありましたか?

この3つのアドバイス、ゴルフをしていれば一度は耳にするアドバイスですよね?

実は、この3つアドバイスがゴルフスイングを難しくする原因だったんです。

 

このアドバイスの呪縛が解けたら、1回の練習で良くなります。

 

本日の内容

①ゴルフスイングの基本

②間違ったゴルフスイングに誘導する3つのアドバイス

③正しいゴルフスイングの実践方法と考え方

 

超簡単!ゴルフスイングの基本は金槌で釘を打つこと?

この釘をどうやって打ちますか?

当たり前です!!写真のように斜め上に金槌をすっと上げて、叩きます。

 

 

間違っても、横に引いてそれから肩を回して・・・みたいなことを考えながら釘打ちをする人はいないでしょう。

 

 

金槌で釘を打つときの軸は変わっていません。1つの線上を動いています。

ゴルフスイングも同じです。軸の傾きは変えずに、クラブを上げて、クラブを下すだけです。

 

ゴルフスイングを分解したら上下運動と回転運動だけ

 

①腕の動きは上下運動。

②肩の動きは回転運動。

腰を股関節から曲げれば、理想的なトップの形になります。

 

この簡単な動作ができない理由は1つ!

ゴルフスイングでは、前傾姿勢になるから。

真っ直ぐ立ってこの動きができない人はいません。前傾姿勢になると軸が傾くので、身体の動きと頭で考えるイメージが一致しないので、思った通りにスイングできなくなります。

 

本当に初心者のアマチュアゴルファーは、頭が動いて、身体も動いて、腕を折り曲げてスイングするので、当たりようがありません。

そこで、必ず言われる3つのアドバイスが登場するわけです。最初の内は、アドバイス通りにすると、だんだんクラブに当たるようになってきます。

 

でも、これを実践し続けると間違ったゴルフスイングに誘導されてしまいます。

 

3つのアドバイスを実践し続けた結果・・・

 

写真のようなトップになっていませんか?頭が左に傾いて、軸が左に傾いてしまっています。

間違ったテイクバックのポイント

 

 

Point1

頭を動かさないことを意識した結果

⇒頭が左(向かって右)に動き、背筋が伸びきったC形のトップになる。

Point2

スエーを絶対にしてはいけない!と意識した結果

⇒腰が右(向かって左)にスエーする。頭が動いていないので、スエ―している感覚になりにくい。

Point3

腕を曲げないように意識した結果

⇒体が回りにくくなり、顎の下に腕が入ってしまっている。軸が右側に傾いてしまっている。

 

間違ったダウンスイングのポイント

 

Point1

腰が右にスライドしているため、ダウンスイングの時に腰が左にスライドしてダフリやトップの原因になる。

Point2

頭が大きく動くので、ボールから目が離れてしまう。

Point3

右肩が下がってシャフトが寝てしまい、ダフリやトップの原因になる。

Point4

さらに、腰から切ってダウンスイングをしている人は、フェイスが開く上に、手打ちになってしまい、スライス・フックのどちらも出て、どこに飛んでいくのかわからなくなってしまう。

 

アドバイスは間違っていません。しかし、1つのアドバイスに意識を集中し過ぎると、良い状態を越えて悪くなってしまいます。

 

ゴルフスイングの基本は軸の傾きを変えないこと

正しいゴルフスイングのテイクバックのポイント

 

Point1

頭の角度が変わらずに、背筋が逆Cの形になってタメができている。

Point2

軸の向きが変わらないので、肩がしっかり回っている。

Point3

下半身はスライドしない。腰の位置が変わらないので、捻転が使える。

 

軸の傾きと下半身は動いていませんが、軸が少し右にスライドしています。これは適正な動きですが、頭は絶対に動かしてはいけない!と思っている人には、やってはいけない動きになってしまいます。

正しいゴルフスイングのダウンスイングのポイント

 

Point1

頭が右に左に動かないため、回転運動ができる。結果として、ヘッドスピードがあがる。

Point2

クラブが立ってダウンスイングができるので、ハンドファーストでインパクトを迎えられる。

Point3

下半身が動かないので、スイングの再現性が高くなる。

 

ゴルフスイングをするときに意識してもらいたいこと

 

ゴルフスイングの基本は軸の傾きを変えないことなので、うまく打てない・・・と思ったら、軸を意識してみてください。

 

同時に、アドバイスを実践し過ぎている可能性があるので、逆のことを考えて練習してみると思っている以上に効果があります。

 

・頭を動かさないことを意識している。 ⇒ 頭は右にスライドしていい。

・スエーをしてはいけないと意識している。 ⇒ スエーしてもいい。

・腕は曲げないように意識している。⇒ 腕は曲げてもいい。

 

ゴルフスイングは、過ぎたるは猶及ばざるが如し!

1つのことさえやっとけばいい!とうことはありませんので、上手くいかないときは意識しているアドバイスの逆を試してみてください。

 

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です