ゴルフのトップの理由はたった1つ!プロはトップしない

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

トップのミスで悩んでいる人多いですよね。グリーン周りでトップしたらOBや行ったり来たりの往復ビンタで、スコアが大崩れしてしまいます。

 

ところで、トップのミスはアマチュアゴルファー特有のミスって知っていましたか?プロゴルファーでダフってるミスは見ることありますが、トップのミスを見たことありますか?

 

それはトップしない打ち方をしているから、その打ち方を練習すればトップは必ず直ります。

 

ゴルフのトップのたった1つの原因

 

アマチュアゴルファーのトップの原因

スイング軌道の最下点がボールより手前にあって、写真の②のように赤道より上でヒットしまっているからです。

リーディングエッジに当たってしまうので、クラブの番手関係なくどこまでも飛んでいきそうですね・・・

top-cause

ちなみに①の軌道で入ると、ボールのかなり手前にヘッドが落ちるので大ダフりになります。

綺麗に飛ぶのは、最下点からクラブが滑ってボールを捉える③の軌道だけ。1/3の確率です。

 

トップの原因は、すくい打ち。コックがほどけることが原因

 

写真のようにトップに悩んでいる人は、インパクトまでにコックがほどけてしまって、すくい打ちになってしまっています。

一度、動画を撮影してみてください。間違いなくコックがほどけているので。

top-swing1top-swing2

 

コックがほどけない打ち方、ダウンブローでインパクトできればトップのミスはなくなります。

 

ダウンブローで打てば、ミスの許容範囲が広い

 

ダウンブローで打てる人は、ミスの許容範囲が広いため、ミスがミスでなくなります。

それは、クラブの最下点がボールよりも前にあるからです。

そのため、ゴルフクラブにボールが当たった後に、地面にリーディングエッジから入ります。だから前のターフが取れるんです。

 

ダウンブローで打ったときのインパクト

downblow-impact

ダフリ:①の軌道

ボールに力を伝えきれないため、飛距離が落ちる。ボールは上がる。いわゆるいっちょ噛みです。

 

トップ:②の軌道

ハーフトップになりスピン量が減る。長いクラブでは飛距離が落ち、短いクラブでは飛距離が伸びる。

 

綺麗なインパクト:③の軌道

スピンがしっかりと効いた、風に強いボール。ターフが取れる。

 

ダウンブローのミスは、いわゆる「いっちょかみ」や「ハーフトップ」で、アマチュアゴルファーに取って、大きなミスになることが圧倒的に少ないです。

大事故に繋がるクラブの軌道はなく、ある程度思ったところまで飛んでくれます。確率は3/3、100%です。

 

ダウンブローに打つための2つのポイント

 

ポイント1:コックを作る

 

コックの作り方は、「8割りの人ができない飛距離アップで必要なコックの作り方」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

 

ポイント2:コックをほどかないでダウンスイングする。

 

ダウンスイングで袈裟切をイメージしてもらうといいと思います。

2-k02

古流居合剣術

 

袈裟切では、刀を右上から左下に手首の角度を緩めることなく振り切ります。

 

ゴルフのダウンスイングも同じ

写真のようにトップから腕をボールに向かって左下に振り下ろして、最下点まで来た後は、左に振りぬいていきます。

 

素振りで袈裟切りの練習をしてみてください。袈裟切の素振りは、タイガーウッズも良くやっています。

クラブにはロフトがありますので、ダウンブローにインパクトしてもバックスピンがかかり、十分な高さがでます。すくい上げるスイングから卒業しましょう。

 

ちなみにダウンブローで打つとインパクトが厚くなりますので、飛距離UPに繋がります。

 

本日のまとめ:トップのミスをしないために

プロゴルファーがトップをしないのは、ダウンブローで打てるからです。

ダウンブローではミスの許容範囲が広いので、習得したい技術です。

ダウンブローで打つには、コックをほどかないようにスイングすること。

そのためには、袈裟切りのイメージ打つと良いと思います。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に質問したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です