ゴルフのインパクトを変えてドローとフェードを打ち分ける

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

「どうやったらまっすぐ打てるかな~」って考えたことはありませんか?

でも、真っすぐ打たなくてもいいんです。曲がっていいんです。だって、プロゴルファーは真っ直ぐ打たずに曲げることに拘っているんですから!

なぜ、プロゴルファーは、ドローやフェードなどの打ち分けなど、真っすぐ打つことではなく曲げることに拘るのでしょうか?

 

 

プロは真っ直ぐ打つことなんてない。

 

アマチュアゴルファーは、とにかくまっすぐ打ちたがる人が多い。

アマチュアゴルファーからの問い合わせで多い内容は、「どうやったらまっすぐ打てますか?」というものです。

 

プロゴルファーは、まっすぐ打とうなんて絶対に考えません。「どちらに曲げて打てば良いのか?!」ということを考えています。

 

左OB

right-OK-left-OB

右OB

right-NG-left-OK

 

打ちっぱなしのように、ただ前に打てば良いシチュエーションはなく、実際のコースでは、どちらかに曲げて打たなければ、

大けがをするリスクが高くなってしまいます。

プロゴルファーは、大叩きのリスクを減らして、より安全にパーセーブできる確率が高くなるようにコースマネジメントをしていきます。

 

そこで、重要になってくるのが思った通りに曲げることです。

 

アマチュアゴルファーも、真っ直ぐ打つことを目標にするのではなく、スコアにこだわるためなら、曲げることを練習することがスコアアップの近道です。

なんと!!プロゴルファーは、インパクトの入射角を変えるだけで、ドローとフェードが打ち分けられるみたいです。

凄いことですね。我々アマチュアゴルファーは、スタンスを変えても打ち分けられないのに、入射角だけでドローとフェードが打ち分けられるなんて。

 

 

入射角でドローとフェードを打ち分ける方法

 

前置きが長くなってしまいましたが、曲げる重要性を確認したところで本題の入射角でドローとフェードの打ち分け方を紹介します。

 

ドローとフェードを打ち分けるコツは、クラブとボールのコンタクトを鋭角にする、鈍角にするかの違いです。

 

フェードボール

・入射角は鋭角

インパクトは赤道より上で打ち込むイメージ

 

ドローボール

・入射角は鈍角

インパクトは赤道より下でアッパースイングのイメージ

 

是非動画で見てみてください。

 

ドライバー(ドローボール)

 

ドライバー(フェードボール)

 

アイアン(ドローボール)

 

アイアン(フェードボール)

 

ウェッジ(ドローボール)

 

ウェッジ(フェードボール)

 

イメージは、沸きましたでしょうか?

 

打ち分けることは難しいと思いますが、自分の打っているボールがスライスしか出ないときは、入射角が鋭角になっているかもしれません。

 

そんな時は、アッパーのイメージでスイングすると思い通りのボールに近づくかもしれません。

 

逆にフックボールしかでない!という時は、上から打ち込むイメージで入射角を鋭角にすればフックが直る可能性があります。

 

ゴルフには、「これをやれば間違いない!」というゴールデンルール、正解はありませんので、練習は自分に合ったスイングを見つけるための旅のようなものです。是非色々試してみて旅路を楽しんでください。

 

本日のまとめ:ゴルフのインパクトを変えるだけでドローとフェードが打ち分ける方法

①アマチュアゴルファーは真っすぐ打とうとするが、プロゴルファーは曲げて打とうとする。

②ボールへのコンタクト(入射角)が、鋭角になればスライス(フェード)ボール、鈍角になれば、フック(ドロー)ボールになる。

③アマチュアゴルファーに打ち分けは難しいが、スライスやフックに悩んでいる原因がボールへの入射角が問題になっている可能性がある。

 

===

ゴルフに悩んだ時は、1人で考えていないでコーチに相談してください。もし、相談できる人がいないときは、365日あなたの悩みを解決するお手伝いができるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカーにお任せください!

 

ご興味がある方は下記ページまで!

 

[adrotate banner=”3″]

===

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です