ゴルフで飛距離ダウンの体重移動があるって知ってた?

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

飛距離不足に悩んでいる人の中で、体重移動が上手にできていないことが原因な人がいます。

もし、動画のような体重が右足に残ってスイングをしているのであれば、本日のブログの内容で体重移動ができるようになると、飛距離が大幅にアップします。

 

本日の内容

・右足に体重が残ってしまうスイング

・体重移動をスムーズに行うためのスイング

・体重移動をスムーズに行うための練習方法

 

体重が右足に残ってインパクトをしてしまう人

 

体重が右足に残ったままインパクトしてしまう人は、飛距離が出ないだけでなく

ダフリやスライス、引っ掛けの原因になります。

 

動画では、ダフってるスイングと、スライスするスイングをアップしています。身に覚えのある人がいると思います。

 

右足に体重が残ってインパクトしてしまい、ダフってしまったスイング

 

 

 

体重が右足に残ってフェイスが開いてインパクトするスライス

 

 

 

インパクトの時に、フェイスが閉じると、引っ掛けの原因になりやすくなってしまいます。

 

紹介してきた通り、右足に体重が残ってインパクトをすると、ロクなことにならないことが多いです。

 

体重移動をスムーズにして、飛距離を出す方法

 

体重移動をスムーズにする方法として、トップからヘッドをボールに当てようとするのではなく、グリップエンドをボールにぶつけるイメージで振ると、右に合った体重が左に乗りやすくなります。

ちょうど、袈裟切りをするようなイメージです。

 

2-k02

 

 

トップからダウンスイングにかけて、グリップエンドをボールに当てるイメージで左に振っていくと体重が左足に乗ります。ちなみに、左に振っても左にボールは飛びません。無理に体重移動をすると、良くないスエ―をしてしまうことになるので、体重移動を意識するのではなく、左に振りきることを意識しましょう。

 

右肩が下がってしまう人は、前に振るイメージ(クラブヘッドをボールに当てる)を持って、スイングをすると、インパクトの時に右足に体重が残りやすくなります。

 

ちなみに、最初から左足に体重を乗せておく打ち方をしているプロもいますね。

 

スタック・アンド・ティルト打法

実践しているプロゴルファーは、タイガーウッズや今田竜二選手など。

今回は、スタック・アンド・ティルト打法の解説ではないので、もし興味があれば下記のサイトを覗いてみてください。

 スタック・アンド・ティルト打法 

 

左足に体重を乗せるドリル

 

左足に体重が乗っているかどうかを確認するには、スイングした後に歩くドリルか野球のように体重を一度100%右足に置いて、左足に乗っていくような野球うちのスイングをしてみてください。

 

歩くスイングのドリル

 

野球打ちのドリル

 

 

もし、体重が残ってしまってうまくできないようであれば、グリップエンドをボールにぶつける様なイメージでスイングしてみてください。

少しずつ体重移動できるようになると思います。

 

最初の内は、ヘッドが振り遅れてしまい、右プッシュが出ると思いますが、腰が止まってしまっているケースが多いです。

無理にヘッドを返そうすると、引っ掛けやチーピンがでるようになってしまいます。

 

腰を切るイメージで、袈裟切りのスイングをすれば、徐々に良くなってくると思います。

 

 

本日のまとめ:体重が右に残って飛距離がでないとき

 

①体重が右に残り過ぎてインパクトするとダフったり、スライスしたりすることが多くなる。

②左に体重移動するには、グリップエンドをボールにぶつけるような、袈裟切りのイメージでスイングする。

③チェックは、歩くスイングや野球打ちのスイングでボールが打てるかどうかで確認すると良い。体重移動の感覚をつかむのに、練習しても良いかも。

 

是非試してみてください!

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーにスイングチェックしてもらいたい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です