今日からディボットは怖くない!打ち方の解説

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

ドライバーをナイスショットして、2打目に行けばディボットにボールが・・・

ガックリした経験はありませんか?

golf-debotgolf-debot2

写真でみるだけでも残念ですよね・・

いつもの通り打つとダフってしまうリスクや、ダフりを嫌がって、クリーンにボールをヒットしようとした結果、ボールの頭を叩いて、すぐそこ・・・なんてことも、そんなディボットが苦手なあなたに、ディボットの打ち方を解説していきます。

 

ディボットにボールがあるときの打ち方、考え方

 

ディボットの深さなどによって飛び方は異なりますが、フェアウェイにあるときに使おうと思うクラブよりも番手1つ大きいクラブを持つことをお勧めします。

ディボットからはボールが飛びにくくなります。ディボットに入ると、力いっぱいスイングする人がいますが、逆効果になってしまうことが多いです。

 

ディボットの打ち方

ディボットの奥にボールがあるときは、ある程度ボールを高く打つことができます。

Point1 

大きめの番手のクラブを短くもつ。

Point2

トップはスリークオーターでコンパクトに

Point3

いつもよりもダウンブローを意識して、上から打ち込む

*すくうイメージではダフりやすくなってしまいます。

Point4

フィニッシュも振り過ぎないことを意識してコンパクトにする。

debot-swing1debot-swing2debot-swing3debot-swing4debot-swing5    

ディボットの手前にボールがあるとき

ディボットの手前にボールがあるときは、奥にあるときよりも難易度が上がります。ボールが上がりにくいので、転がすイメージで打っていきます。

 

Point1 

ボールをいつもよりも右側にくるようにアドレスをする。

Point2 

打ち込み方は、奥にあるときと同様にダウンブローで打つ。奥にあるときよりも、より上から打ち込むことを意識してください。

Point3 

ボールが上がりにくく、スピンもかかりにくいので転がしていくイメージで打ちます。

*グリーンを狙う時は花道を狙っていきたいです。スピンがかからずボールも上がりにくいので、ハザードに引っかかりやすくなります。

 

 

ディボットはちゃんと直しましょう。

 

解説してきたように、せっかくフェアウェイにボールを打つことができても、ディボットに入ってしまうと、難易度が一気に上がってしまいますし、ディボットに入ったことがわかったら、ガックリきてしまいます。

もし、自分がディボットを作ってしまったら、後の人のためにも必ず直すようにしましょう。

 

直し方も是非覚えて、実践してくださいね。

metsuti

 

  • 目土をディボットに少し多めに入れる。
  • 上から踏んで慣らす。

 

これだけです!ポイントは少し多めに土を入れることです。少ないと砂にボールがハマってしまって、フェアウェイど真ん中からバンカーショットをさせることになってしまいます。

目土バックはカートに必ずついていると思いますし、目土もコースのところどころに置いてあります。ボコボコなゴルフ場をラウンドするよりも、綺麗なコースを回りたいですよね。グリーンをフォークで直す用量で随時実践してください。

 

本日のまとめ:今日からディボットは怖くない!打ち方の解説

①ディボットから打つときは、番手を上げてコンパクトに上から打ち込む

*フルスイングで出そうとすると大けがに繋がることも・・・

②ディボットの手前にボールがあるときは、スピンもかかりにくくボールも上がらないので、転がすイメージを持つと良い。

③自分がディボットを作ってしまったらしっかり直そう

 

以上、3本紹介しました。実践しないライに落ちることを願っていますが、運悪くディボットに入ってしまったときは、思い出してください。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に相談したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です