ゴルフの飛距離アップするためにミート率を上げる3ステップ

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

女子プロゴルファーは、「ヘッドスピードの割りにミート率がいいからよく飛ぶ。」って良く聞きますよね。 

アマチュアゴルファーでも、ミート率が上がれば格段に飛距離がアップします。そもそもミート率って、なんでしょうか?「効率よくクラブの力をボールに伝える割合」みたいなイメージを持たれていると思います。正解ですが、漠然としているので、本日はミート率の解説とミート率を上げる練習方法を説明していきたいと思います。

 

飛距離アップに重要なミート率の計算と飛距離の目安

 

ミート率の計算式

ミート率 = ボールの初速 ÷ ヘッドスピード

 

ドライバーのミート率が1.40を超えると、プロゴルファーに近づきます。

アマチュアゴルファーは、一般的には、1.30~1.39の間に入ります。

 

ミート率から飛距離を求めるには?!

 

飛距離=ヘッドスピード × ミート率 × 4 

 

となります。

 

例えば、

(ヘッドスピード:45m/s) で (ミート率:1.30)の人の飛距離は234ヤード

 

この人が、ミート率を上げる練習をして、ミート率が1.40になったとすると、252ヤードまで飛ぶようになり、ミート率が0.1上がるだけで、18ヤードも飛距離アップができるようになります。

 

同じ人のヘッドスピードが1m/s上がると、5ヤードアップの239.2ヤードの飛距離になります。ミート率は0.1改善するだけで18ヤード飛距離アップ、例え0.05でも9ヤード伸びます。番手が1つ小さくなって、次のショットが楽に打てそうですね。

 

でも、ミート率を上げる練習ってしたことありますか?

ヘッドスピードを上げるために、クラブをブンブン振り回しているのはよく見かけますが、ミート率を上げる練習をしている人は少ないはず?!

 

ちなみに先程の人が、ブンブンクラブを振り回しても、ヘッドスピードがせいぜい2m/s上がるくらい。ミート率0.05下がればヤードの235ヤードで1ヤードしか飛ばないので、振り回し損になってしまいます。

 

やっぱりプロゴルファーはすごかった!ミート率を計算

 

松山英樹選手

飛距離は2013年のアメリカツアーで平均飛距離1位の317ヤードを記録しています。

知っていました??

 

そのミート率を計算してみると、ヘッドスピードが51.7m/sなので、ミート率は1.53!!

 

理論値では、ミート率は1.56までしか出せないということなので、ほぼ限界ですね。

それで、このヘッドスピードな訳ですから、飛ばない方がおかしいですね・・・

 

やっぱりすごいです。世界の松山!

 

飛距離アップのミート率を上げる練習方法 3ステップ

 

飛距離アップにはミート率をアップすることが重要であることは改めて認識できたと思います。

 

ミート率を上げるためには、(ミート率=ボールの初速 ÷ ヘッドスピード)なので、ボールの初速を上げなければなりませんので、クラブヘッドの芯で打つことができる確率を上げる必要があります。

 

芯で捕らえた感覚は、人によって表現が違いますが、ボールが軽くなる。とか、空振りしたような。とか、打感が柔らかい。などで表現されますので、このような感触で打てる確率を上げていきましょう。

ほとんどのアマチュアゴルファーは、ミート率を上げる練習はしていないと思いますので、一度トライしてみてください。

 

ステップ1:まずは、腰から腰のスイング

 

 

ステップ2:ハーフスイング

 

 

ステップ3:フルスイングでもできるように

 

 

芯に当てる感覚を養うことに集中してください。

スイングテンポはゆっくりでOKです。

 

本日のまとめ:ゴルフで飛距離アップをするためにミート率を上げる3ステップ

①ミート率と飛距離の関係を計算式で見てみよう。

②ミート率はヘッドスピードを上げるよりも効率がいい

③やっぱりすごかった!松山英樹選手のミート率

④ほとんどのアマチュアゴルファーがやったことない、ミート率を上げる練習3ステップ

 

の4本でした。お試しください。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーにスイングチェックしてもらいたい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です