雨の日のゴルフでクリーンにばかり打とうとしたらダフる!

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで出題され、反響が大きかった問題を一部改変して作成しています。

 

雨の日のゴルフって大変ですよね。身体は濡れて冷えてくる、ボールは飛びにくい、ダフッたら全く飛ばない・・・

苦労した経験をお持ちの方が多いはず。ゴルフは雨の中でもできるスポーツなので、今日は雨の日にプレイするときのコツ、ダフらないようにするコツを解説したいと思います。

 

雨の日はクリーンにばかり打とうとしていませんか?

 

プロゴルファーのように完璧にクリーンに打てる人(取れるターフは常に前のターフ)は、ダウンブローでボールをクリーンに打っても問題ありません。

でも、動画のようにダフった経験はありませんか?

 

 

ダウンブローで打つと、雨に日はこのような大ダフりが出やすい状況になります。ガックリきますよね。

 

ダウンブローで打つと、ダフリやすい理由

ダウンブローで打つと、アイアンのフェイスの中で一番初めに地面に設置するのは、リーディングエッジです。

雨の日は、芝に水が含まれているので、リーディングエッジ芝に刺さってしまい、少しでも手前に入ると大ダフりになってボールが前にほとんど飛びません。

 

reading-edge

 

 

雨の日のダフりを軽減するコツ

いつもはあまりよろしくないとされる、ソールを滑らせて、ボールをすくうイメージで打つと、雨の日はミスが軽減されます。

 

雨の日にソールを滑らせて打つとダウンブローよりもミスが軽減される理由。

雨の日でもバンスが効いて芝の上をヘッドが滑ってくれるので、ダウンブローで打つよりもダフって全く飛ばない。というミスを避けやすくなります。

 

golf-soul

 

この打ち方をするときは、ボールの下にヘッド(ソール)を落とすイメージで打つと上手く打てます。

 

 

 

じゃあ晴れの日でも、ソールを滑らせた方がいいんじゃないの?

 

雨の日は、ダウンブローで打つと大ダフりが出やすいので、ソールを滑らせて打つ打ち方をお勧めしました。

しかし、晴れの日は、ダウンブローの方がミスの許容が大きくなります。

 

ダウンブローが晴れの日に良い理由

ダウンブローで打てば、クラブの最下点がボールよりも前です。

 

写真は、ダフった軌道を1、トップした軌道を2、クリーンに捕らえた軌道を3として、あらわしています。それぞれのボールは次のようになります。

golf-downblow

1、ボールに力を伝えきれないため、飛距離が落ちる。最下点が少しボールの後ろになってもある程度は飛ぶ、いわゆる「いっちょかみ」です。雨の日は、これが大ダフりになってしまいます。

 

2、ハーフトップになりスピン量が減る。長いクラブでは飛距離が落ち、短いクラブでは飛距離が伸びる。

 

3、スピンがしっかりと効いた、風に強いボール。ターフが取れる。

 

 

晴れの日にソールを滑らせて打つ打ち方をしたら?

 

実は、トップやダフリに悩まされている人は、この打ち方をしている人が多いです。

 

ソールを滑らせて打つと、クラブ軌道の最位下点が、ボールよりも手前にあります。

 

写真は、ダフった軌道を1、トップした軌道を2、クリーンに捕らえた軌道を3として、あらわしています。それぞれのボールは次のようになります。

golf-soul-swing

1.ソールが滑ってくれるのである程度飛びますが、ダウンブローで打った時よりも飛距離が落ちます。高くボールが上がってしまいます。

 

2.クラブがボールの赤道より上に当たる。いわゆる「どトップ」です。どこまでも飛んでいってしまいます。OBも出ますし一番避けたいミスです。

 

3.最下点からクラブが滑ってボールを捉えられますが、スピン量が少なく距離のコントロールがしにくくなります。

 

 

 

本日のまとめ:雨の日のゴルフでクリーンにばかり打とうとしたらダフるで!

①雨の日は、ダウンブローで打つよりも、ソールを滑らせて打った方が上手くいく可能性が高い。

②晴れの日は、ダウンブローで打った方が、ミスの許容が大きい。

 

晴れの日と雨の日で、打ち方を少し変えてあげるとスコアがより作りやすくなります。基本は、ダウンブローで打つ練習をしましょう。

 

ダウンブローの打ち方は、下記のブログで詳しく解説していますので、ご参考にしてください。

ゴルフのトップの理由はたった1つ!プロはトップしない

 

===

ダフりを何とかするために、日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに相談したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です