ゴルフでスライスに悩む理由は1つだけ!○○を意識すれば直る

 

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

アマチュアゴルファーの中で、スライスに悩んでいる人を良く見かけます。OBになるようなスライスをしている人や、飛距離がでないと悩んでいる人など・・・

プロゴルファーがラウンドで使うスライスは2種類!飛距離が落ちないスライスと、飛距離を落とすスライス。

そして、使えるスライスには共通点があります。それがスライスを打つたった1つのコツです。

 

アマチュアゴルファーが、そのコツを意識できれば、スライスの悩みから解放されます。

 

本日の内容

・スライス悩む原因はこれ!使えないスライス2種類

・プロゴルファーが打つ!使えるスライス①飛距離が落ちないスライス

・プロゴルファーが打つ!使えるスライス②飛距離を落とすスライス

 

スライス悩む原因はこれ!使えないスライス2種類

 

OBなど、スコアに直結するミスがでるスライスは使えませんよね。

 

 

ストレートスライス

最初は真っ直ぐ飛んでいくけど、途中でスライスしてしまう、初心者でよくあるスライスです。手の甲が上を向いてインパクトしていて、野球をしていた人に多いスライスです。

 

クラブ軌道はストレートですが、フェイスが開いています。

 

golf-bad-slice1

 

ボールを捕まえる感覚が養われていない人が多いので、フックを打ってボールを捕まえる練習が有効です。

 

 

プッシュアウトのスライス

OB1直線のスライスです。直さないとスコアはズタボロ・・・

フッカーが打ってしまうスライスで、クラブ軌道はインサイドアウト、フェイスが開いてインパクトしています。

 

golf-bad-slice2

 

 

悩んだときは、インサイドアウトでフックを打つ意識が強くなりすぎている可能性が高いので、アウトサイドインに振ってスライスのイメージで打つと、意識が相殺されて直ってくるケースが多いです。

 

 

アマチュアゴルファーを特に悩ませるスライスの共通点

出玉が真っ直ぐないしは、右です。

スライスは、右に切れていくボールなのに、出玉が左ではない!ということが諸悪の根源です。

今から紹介する使えるスライスの共通点は出玉が左。

出玉を左に出すことだけを心掛けて打つだけで、OB等のリスクが減ります。

 

プロゴルファーが打つ!使えるスライス①飛距離が落ちないスライス

アウトサイドインのスイングででるスライス

いわゆるフェードボール。フェードとスライスの原理は一緒です。

出玉が左で右に戻ってきます。飛距離が落ちずに、グリーン上でもしっかりボールが止まります。

 

golf-good-slice1

 

打ち方の解説は、スコアメイカーの中で、スライスの打ち方の質問を頂いたので、その解答でコーチが撮影した動画を用いています。

 

打ち方は、ボールを左目に置いて、ヘッドは上から落としていきます。無理にスライスをかけようとすると、切ったスライス打ってしまって飛距離を落としてしまうことが多いです。

出玉を左に出すことだけに意識を集中すると、飛距離の落ちないスライスが打てます。

スタンスはオープンにすると打ちやすいです。

 

 

 

 

プロゴルファーが打つ!使えるスライス②飛距離を落とすスライス

 

いわゆる切ったスライスです。アマチュアゴルファーがスライスを打とうとすると、ほとんどの人がこの切ったスライスを打ちます。カットしているので、飛距離は出ません。

 

golf-good-slice2

 

打ち方は、飛距離を落とさないスライスよりも鋭角に入れるイメージでインパクトします。

打った後は、フェイスが返らないようにフォロースルーしていくとうまく打てると思います。

 

 

 

本日のまとめ:ゴルフでスライスに悩む理由は1つだけ!○○を意識すれば直る

①OBになりやすいスライスの出玉は右が多い。

②使えるスライスの出玉は左

 

しつこいようですが、出玉に拘るだけで良くなります!

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に質問したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です