100%やって欲しい、ゴルフ上達のためのアドレスに入るためのコツ

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

素振りでは、上手くスイングできるのに、ボールがあると上手く行かない。練習場では、ビシバシ当たるのに、本番のコースでは当たらない・・・。こんなアマチュアゴルファーは大勢いるんじゃないでしょうか?

 

素振りでは、ボールがないのでノープレッシャーでスイングできます。練習場でも打ち直しは可能ですし、障害物も特にない。マットがあるので構えやすい。

 

しかし、コースでのラウンドでは、バンカーはあるし、池はあるし、OB杭は見えている、林が迫り出していて高さも必要、ライは左足下がり・・など、多彩なシチュエーションの中、一発勝負でラウンドしなければなりません。

 

プレッシャーがかからない方がおかしい。

 

アマチュアゴルファーでは、このプレッシャーのかかる中、一切の方向を確認せずにアドレスして打ってしまう人がいます。

 

練習場では、マットで方向性が確認できますが、コースではできません。自分がどこに向かってアドレスしているのか確認せずに打つと、プレッシャーのかかるホールに差し掛かったときに、自分がどこを向いてアドレスしているのかわからなくなって、調子を崩してしまうことがあります。

 

こうならないためにも、アドレスへの入り方で、方向性を確認してアドレスに入るルーティーンをしておくと、どのホールでも自分がどこに向かって打っているのかわかります。

 

ボールが思ってもいない方向に行ったときに、方向性を確認しないと、アドレスが悪いのかスイングが悪いのか、見当がつかず修正しにくくなってしまいますので。

そんな人はボールへの入り方が悪いのかもしれません。

 

方向性を確認してアドレスするルーティーンのコツ

 

方向性を確認してアドレスをするには、やはり後ろから方向性を確認してアドレスに入ることが重要です。基本的なことなので、やっている人も多いと思いますが、やっていない人は是非!これは全てのショットを打つときにやってください。もちろん練習場でも。

 

 

ポイント1 

後ろから打つ方向を確認する

ポイント2

ボールの30㎝くらい先に目印を見つけてそこに対して右手でフェイス合わせる。

ポイント3

フェイス面を合わせたら、足を広げる。

ポイント4

ボールとの距離を合わせる。

 

ポイントを踏まえて構えると、肩・腰・膝・足のスタンスの向きが、飛球線と平行になりやすくなります。

 

方向性を見失いやすいアドレスの入り方

 

今の方法は、基本のアドレスへの入り方です。アマチュアゴルファーの中には、方向が定まりにくいアドレスの仕方をしてしまっている人がいますので、要注意です。

 

左手から構えてしまう

左手から構えてしまうと、左肩が前に出てきてしまい、肩のラインがクローズになりやすくなります。クローズスタンスに必然的になってしまうので、フックを打つ人とってはいいかもしれませんが、スライス系のボールは打ちにくくなります。

 

ボールに対して構えてしまう。

アマチュアゴルファーに多い構え方が、構えたところにボールがあるのではなく、ボールに対して構えてしまうパターンです。

 

ボールに対して構える人は、グリップしてからアドレスする人が多いです。そうすると方向性が確認できない上に、チグハグなアドレスになりやすくなります。

 

その例を紹介します。

 

①右肩が出てしまって、肩のラインがオープンになっている。

open-stance

 

②右肩と左肩の高さが同じになりやすい。

left-right-same

 

③軸が右に傾きやすい。

golf-right-jiku

 

④ボールに近すぎるアドレス

ball-near

 

⑤ボールに遠すぎるアドレス

ball-far

 

などなど、うまく打てそうにありませんよね。

無意識な内にこのようなアドレスになってしまう可能性があるので、要注意です。

 

本日のまとめ:100%の人にやって欲しい、ゴルフ上達のためのアドレスに入るためのコツ

  1. 方向性を確認しないとミスの原因が分かりにくい。
  2. 打ちたい方向を確認してアドレスに入ろう。
  3. ボールに対してアドレスの仕方を間違えると、チグハグなアドレスになるので注意。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に質問したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です