OBしないティーショットを打つには、練習場で○○する!

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで投稿され、反響が大きかったものを一部改変して作成しています。

 

まっすぐ打つ練習していませんか?

 

井上コーチが、アマチュアゴルファーから、「まっすぐ打つにはどうやったらいいの?」と、よく質問をされるそうです。

 

ただ、常にまっすぐ打とうと思うと、余計に曲がってしまうことがほとんど。確かに、その通りですよね。

真っ直ぐ打とうと思えば思うほど、どんどんひどくなっていきます・・・

 

実は、曲げる方が簡単!

そして、今日のブログで、曲げようと思ってもそんなに思ったほど、曲がらないよ!ってことを知ってもらいたいと思っています。

 

曲げようと思っても曲がらないことを知ると、思い切ってティーショットができるので、逆にOBのリスクが減ります。

 

今日は、動画で解説しています。

「動画は、なかなか見ない。」という人のために、動画の内容を書き起こしておきます。

 

当日のラウンドですぐに役立つティーショットで曲げようとしてもそんなに曲がらないことを知る!

 

ティーショット:フック編

真っ直ぐ打とうと思うのではなく、思いっきり曲げてみてください。

 

動画では練習場の右の竹林を狙って、思いっきりフックをかけて打つつもりで打っています。

結果は、竹林の方から曲がるよりは、意外にまっすぐ飛んで思ったより曲がらないことがわかります。

 

何球か続けて打ってみるとわかりますが、曲げよう!と思って打っても、思ったより曲がらない。ということを知っておくと、右がOBの場面で右に打ち出すことが可能になって、実践で使いやすくなります。

 

イメージできないと思いますので、だまされたと思って試してみてください。言っている意味が分かると思います。

 

 

ティーショット:スライス編

動画では、左の1本木を狙ってスライスで打っています。

 

スライスを打つときの注意点

アマチュアゴルファーは、スライスを打とうとするとボールを切って、飛距離を落としてしまうことがほとんどです。

 

スライスを打とうと強く意識するのではなく、出玉を左に出そう!と意識して打つことで、飛距離を落とさないスライスを打つことができるようになるので、試してみてください。

 

うまく曲げられないよ!という人のために

曲げようとしている方向に曲がらないと、ティーショットでOBになるリスクが高くなってしまいます。

そんなときは、手をこねてしまっている、インパクトを芯で捉えられていない、インパクトのフェイスの向きが間違っている、などのことが考えられます。

 

上手く曲げられない人は、下記のブログを参考にしてみてください。今まで意識したことがない曲げる技術がたくさん詰まったブログになっています。

「ゴルフのダメなフックと良いフックの違いは1つ!○○に拘るだけ」

「ゴルフでスライスに悩む理由は1つだけ!○○を意識すれば直る」

 

本日のまとめ:OBしないティーショットを打つには、練習場で○○する!

 

思いっきり曲げてみると、思ったほど曲がらないことがわかるので、OBを気にせず思い切ったティーショットが打てるようになります。

 

===

ドライバーの悩みを日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に質問したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です