ハンドレイトのスイングってだめなの?2つのポイント守ればOK

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

今日のテーマは、「ハンドレイト」のスイングです。

 

現在の主流は、ハンドファースとのスイングです。では、ハンドレイトのスイングはダメなんでしょうか?

 

そんなことありません。プロゴルファーのスイングにもいろいろあるように、ゴルフスイングの始動は人それぞれ!全く問題ありません。

ただ、アマチュアゴルファーがやってしまいやすいハンドレイトのミスがあるので注意してください。

 

ハンドレイトでも良いんです。

 

ハンドレイトの特徴

ハンドレイトは、手首を先行してテイクバックをしていく方法です。

ハンドレイトをしない方が良いという人もいますが、そんなことはありません。

 

ハンドレイトでスイングする人に注意してもらいたいことは、コックをしっかり作って、インパクトはハンドファーストにすることです。

 

グリップがウィークグリップになっている人がハンドレイトになりやすいです。ウィークグリップでは、インパクトでボールを捕まえにくくスライスになりやすくなります。

golf-weekgrip

 

ちなみに、女子プロゴルファーの北田瑠衣選手は、ハンドレイトでスイングしています。インパクトはハンドファーストになっていることが分かると思います。

 

 

ここから、やってはいけないハンドレイトのミスを解説します。

 

アマチュアゴルファーのハンドレイトで多いミス

 

アマチュアがハンドレイトでスイングすると手首が折れ曲がった状態のまま、スイングしてしまう人が多いんです。

 

ハーフェイバックでヘッドが垂れてコックが作りにくい状況になっている。

bad-half-back

 

トップでもコックが作れていない。

(ハンドファーストのスイングでも同じです。)

no-kock-bad-swing

 

コックをしっかり作るために

ハーフェイバックでクラブと地面が平行になるようにテイクバックすると、クラブが垂れずにコックが作りやすくなります。

 

 

コックを作る場所は、トップかダウンスイングで作ることになります。

 

ハンドレイトスイングでは、コックとインパクトでのハンドファーストのインパクトの2つがポイントです。

コックの作り方とハンドファーストのインパクトについては、コチラ↓↓のブログに詳しく書いてありますので、ご参考に

「8割の人ができない飛距離アップで必要なコックの作り方」

「ゴルフのトップの理由はたった1つ!プロはトップしない」

 

ちなみに、ハンドレイトでインパクトを迎えると、ソールが滑る打ち方になります。

このソールを滑らせる打ち方は、ボールが高く上がるので距離がでませんが、雨の日にはミスの少ない打ち方になります。

コチラ↓↓のブログも参考にしてください。

「雨の日のゴルフでクリーンにばかり打とうとしたらダフる!」

 

ハンドレイトは悪いスイングではありません。先ほど説明したアマチュアゴルファーがやってしまう、クラブが垂れる、コックが作れない。などのミスを改善して、特徴を押さえると、とても良いスイングになると思います。

 

 

本日のまとめ:ハンドレイトのスイングってだめなの?2つのポイントを守ればOK

  • ゴルフスイングの始動は人それぞれ!ハンドレイトでもいいんです。
  • ハーフウェイバックでクラブが垂れやすくコックが作れないので注意!
  • トップかダウンスイングでコックが作りやすい。
  • インパクトではハンドファーストを意識する。

 

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーにスイングチェックしてもらいたい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です