これを読むだけで、あなたもティーショット名人!

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで投稿された、アマチュアゴルファーがミスしやすいティーショットの投稿を一部改変して作成しています。

 

スコアメイカーでは、疑問や聞きたいことを気軽にプロゴルファーに相談しながら、ワイワイやっています。

 

プレッシャーのかかるティーショット・・・しんどいですよね><

 

プレッシャーのかかる状況を色々紹介します。

やってしまいやすいミスと、ティーショットの狙い目や考え方を解説します。

 

すごい打ち下ろしホールのティーショット

 

打ち下ろしがきついティショット(20~30ヤード)ですが、どこを狙って打ちますか?

tee-ground

 

 

アマチュアゴルファーが無意識のうちにやってしまうミス

左肩が下がってしまい、うまく身体が回らなくなってしまう人がいます。

そのような人は、落下地点とは言わないまでも、いつものティーショットよりも狙う地点が低くなってしまって、結果的に左肩が下がってしまうケースが多いです。

 

ティーショットの狙い所

打ち下ろしの時は、写真のように意識的に、狙う落としどころの上空を狙って打つと身体のバランスが保たれやすくなります。

狙うポイントは、フラットなときのドライバーの頂点くらいを狙うと上手くいきやすいです。

tee-shot-adress

 

極度の打ち上げホールの注意点

ちなみに、極度の打ち上げホールも要注意です。見上げすぎて、左肩が上がり、チーピンなどのミスが出やすくなる可能性があるので、同じようにフラットなときのドライバーの頂点を想定して打ってみてください。

 

 

左にプレッシャーのかかるティーショット

 

tee-ground-2

 

 

アマチュアゴルファーが無意識のうちにやってしまうミス

左側のOBゾーンが迫り出しているので、気になるところです。

このOBゾーンが気になって、右にOBするアマチュアゴルファーがとても多いホールです。右側が受けているので、助かりそうですが、左OBを気にし過ぎると、出玉を左方向にすることを嫌がって、右の受けている箇所を超えてOBになってしまいます。

ティーグラウンドも右に向いているので、さらに右OBを誘う罠になっています。

 

ティーショットのポイント

ティーグラウンドがOBゾーンを向いている罠が仕掛けられているホールがあるので、自分で落とし所を決めて、そこに向けてアドレスをするようにしてください。

何気なく構えてしまうと、ホールの罠にはまってしまいます。

 

このホールでは左側の迫り出した木の方向に出玉を出すイメージで打つと上手くいきやすいです。

アマチュアゴルファーでは、OBゾーンを気にするがあまり、身体が逃げて大ミスに繋がってしまいますので、果敢にOBゾーンに打ち出す気持ちで出玉をコントロールできるようになれば、良い結果になりやすくなります。

フックしかでない!という人は、右方向を狙っていくことがお勧めが、ティーグランドの向きを気にするようにしてください。

tee-shot-2

 

出玉をコントロールする方法、OBゾーンを狙うことを怖がらないようにするためのブログは下の2つにまとめてあります。

「ゴルフでショットメーカーに最短でなるための3段階上達法」

「OBしないティーショットを打つには、練習場で○○する!」

 

木が気になるパー3のティーショット

tee-ground-3

 

このティーショットは難しそうですよね。。。

 

ホールの状況はこんな感じです。

ピンまで 177Y (打ち上げ込み)

グリーンエッジまで 147Y

エッジからピン30Y

グリーンの形状 大きさ縦 38Y

 

アマチュアゴルファーが無意識のうちにやってしまうミス

左の一本木をプレッシャーに感じて右OBにしてしまうミスですが、一番多いです。

しかし、コースの解説をみると木は気にしなくて良いことがわかります。

 

コースの解説

・打ち上げでグリーン面が見えない。

・グリーンセンターへの通り道に松の木が立っている。

・木の上を越えるかどうか不安があるが難しくはない。

・ガードバンカーに入れるとスコアを乱す

とあります。

コース紹介でも、木の上を越えるのは不安があるが難しくない。と書かれています。

 

ティーショットのポイント

木が気になるところですが、逆に目印にして打ったほうが、右OBを避けることができて返って良い結果になりやすいです。右方向に行くとOBの可能性がかなり高いですが、左に飛んだ時に木に当たる確率と、右方向に行ってOBになる確率であれば、木に当たる確率の方がはるかに低くなります。

そのため、ミスしても左へのミスになるように、左を向いて打つ。フックがかかるように、ボールをいつもより左にセットして打つ。などの対策をするといいでしょう。

 

コースの解説は、しっかり読んでティーショットすると、大けがをせずに済むケースも多いので、見かけのプレッシャーだけに気を取られないようにしましょう。

 

もう一つ気になるハザード、大きなバンカー

このバンカーを避けるためには、大きいクラブで打つ、グリーンセンター方向に狙う。この2つの選択肢が考えられます。

しかし、プロは大きいクラブで打つ選択はしません。その理由は、ナイスショットがナイス結果にならないからです。大きいクラブで打つと、奥に乗っても下りのパター、こぼれてしまうと、下りのアプローチが残ってしまいます。

ショットの調子が悪い場合や自信がないときに、バンカーを避ける選択肢を取るのであれば、当たり損ねればエッジの手前になる、グリーンセンターまでの距離を選択するようにしましょう

 

ショットの調子が良いとき、ここでパー以上が絶対に欲しいときは、ピンまでの距離をしっかり打って攻めていく選択肢がお勧めです。

 

 

本日のまとめ:これを読むだけで、あなたもティーショット名人!

  1. 打ち下ろしのホールでは、左肩が下がらないように、打ち上げのホールでは、右肩下がりにならないようにする。
  2. ティーグラウンドがOBゾーンを向いていることがあるので、自分で落とし所を意識してアドレスする。
  3. 見えているプレッシャーの方向に出玉を出すことで、良い結果になりやすい。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに悩みを気軽に質問したい方はコチラ↓↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です