ショートしやすい状況でのアプローチの2種類の打ち方

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで出題され、反響が大きかった問題を一部改変して作成しています。

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーに気軽に質問したい方はコチラ↓↓

スコアメイカー

===

 

今日の内容は、ショートしやすいアプローチの状況とショートしにくいアプローチの打ち方の紹介をします。

 

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの違いって何だと思いますか?

 

  • 仕事としてゴルフをしているので、気合が違う。
  • 身体も作っているので、安定感が違う。
  • ショットの精度や飛距離が違う。
  • 練習量が違う。
  • ラウンド回数が違う。

だから、経験値も違う。

 

違いを挙げればキリがないかもしれません。「違うからプロゴルファーなんだ!」って声も聞こえてきそうですが、今日はそんな違いを少し埋めようと思います。

 

埋める違いは、経験値。

 

ラウンド回数を重ねて得るもので、プロゴルファーは、

こういう状況は、トップしやすい、ダフりやすい、右に行きやすい、オーバーしやすいなど、いろいろな状況が頭の中にインプットされています。

 

このインプットされた情報を適切に取り出して、右に行きやすいなら左に行く打ち方を、トプしやすいなら、トップしにくい打ち方を、コースマネジメントをしていきます。

 

感覚的なものも多く、「なぜ、ここのアプローチはトップしやすいんですか?」と聞いても、わからないこともしばしば。

 

今日は、ブログでも伝わりやすいショートしやすい光景と、その対策について解説します。

 

アプローチがショートしやすい状況

 

shot-location

 

  • エッジまで10Y
  • ピンまで20Y

 

どうですか?

ショートそうなイメージは沸きますか?

 

実際に、この状況ではショートする人がほとんどです。

 

ショートしやすい理由

・緩やかな上り

・ピン奥のオーバーを警戒

・飛距離が必要なためスピンが効きやすい

 

この3つの理由が相まって、必ずと言っていいほどショートします。

 

もし、この状況がショートしやすい状況であることを知っていれば、浮かせるアプローチをするときは、ピンの根元にキャリーするつもりで打つことや、スピンが効きにくいアプローチを選択することで、ショートをしにくいコースマネジメントをすることが可能です。

 

やはり状況別のミスの種類や対処方法を知っておくことは重要ですね。

アマチュアゴルファーが経験値を積むとなると多くの時間を費やすことになりかねませんので、効率的にプロゴルファーの経験値を知る必要があります。

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロと繋がって、ライバルに差をつけたい人はコチラ↓↓

スコアメイカー

===

 

 

アプローチをショートしないための選択肢

 

この状況で、ピンの根元まで突っ込めますか?もし、オーバーを嫌って、グリーン真ん中くらいに落ちればOKくらいの気分で打ってしまうと、上りの長いパターで3パットの可能性がでてきます。

 

この状況がショートしやすいことを知らなければ、「グリーン真ん中くらいにOK!」みたいな気分で打って、3パットしてしまうかもしれませんね。

 

ショートしやすいアプローチであることを知っていれば、突っ込んで打てるはずです。

 

やはり、どんなミスが起きやすいのかを知ることは重要ですね。

 

なだらかに上っているショートしやすいアプローチを打つコツ

 

浮かせて打つアプローチ

ランのことなど考えずに、ピンの根元に落とすつもりで突っ込んで打つことがお勧めです。

突っ込んで打っても、まずオーバーしません。思い切って攻めてみてください。

そもそも受けているグリーンなので、スピンが効きやすくランが出にくいです。

 

転がすアプローチ

転がすアプローチの場合は、普通に打ってしまうとスピンが効いてしまって、ランが出ずに、ショートしやすくなってしまいます。

そのときお勧めなのが、フック回転をかけるアプローチです。フック回転がかかればバウンドしても前に行く力が強いので、スピンが効いて思った以上にショートするミス回避できます。

 

  • ボールを右に置く。
  • インサイドアウトの軌道でスイングする。
  • インパクトはボールを包むようなイメージで打つ。

 

 

アプローチの基本はコチラ↓↓

4種類のゴルフアプローチを、適した状況別に紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です