ゴルフのスコアアップテクニック!左足上がり・左足下がり

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

このブログの内容は、あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるfacebookコミュニティ、スコアメイカーで投稿された、アマチュアゴルファーがミスしやすいスコアアップテクニックの投稿を一部改変して作成しています。

===

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーのコースマネジメントを学んで、ライバルに差をつけたい人はコチラ↓

[adrotate banner=”3″]

===

 

左足上がりや、左足下がりのライって得意ですか?

バランスを崩しやすかったり、振り切れなかったり、ボールが上がらなかったり・・・

 

打ちっ放しでは練習しにくいので、なかなか上達しないですよね。

 

今日は、そんな左足上がり・左足下がりのライでの打ち方を解説します。スコアメイカー井上コーチのコースマネジメントのポイント紹介とショット動画付きです。

 

左足上がりの打ち方って2種類あるって知っていました?

 

斜面なりに構えて、高めの球を打つ方法

地球に対して水平に構えて打ち込む方法

 

の2種類です。

 

斜面なりに構えて、高めの球を打つ方法の特徴

  1. ボールが高く上がるので、止まるボールを打ちやすい。
  2. 風の影響を受けやすいボールになる。
  3. クラブを振り切りやすい。

 

地球に対して水平に構えて打ち込む方法

  1. ボールを低く抑えることができる。
  2. 斜面に刺さりやすく、クラブを振り切りにくい。

 

井上コーチの選択

この時の今の状態は風がアゲンストで、斜面なりに構えて打つとボールが上がり過ぎて、風の影響を受けやすく、飛距離が計算しにくくなります。

そのため、低めにボールを出すイメージで地球に対して水平に打っています。

 

 

左足下がりの打ち方は残り距離がポイント

 

左足下がりのライの方が左足上がりのライよりも苦手な人が多いですよね。

ボールが上がらなさそうなイメージで、無理やり上げようとしていませんか?

 

無理やり上げようとすると、ダフりやトップのミスに繋がります。

 

左足下がりのポイントは残り距離

 

 

今回の左足下がりの状況

残りピンまで160ヤード

エッジからピンまで、14ヤード

 

right-reg-down

 

 

左足上りでボールを上げるコツ

PWやSW、9番アイアンといったロフトのあるクラブで打つときは、ロフトなりに十分球も上がってくれますし、球も止まるのであんまり意識せずに普通に打ちます。

ボールの位置やスイングを変えることはしません。バランスが崩れやすいので、それだけ注意して後はいつも通りです。

 

しかし、距離が160ヤードくらいで、7番アイアンや6番アイアンがいるような距離の時には、少し球を上げて止める必要があるので、その時は球を右足寄りに置いて、ちょっとアッパー目に打つことによって球をクリーンにとって、球を上げてスピンをかけて止める様なイメージで打ちます。

 

球を右に置いてアッパーに打つと、球が右に出やすいのでそれを警戒しながら打ちます。

また、右にボールを置いて打つと、フックがかかりそうなイメージになると思いますが、ヘッドが鋭角に入るので思ったよりフックはかかりませんので、あまり気にしなくても大丈夫です。

 

どうしても気になるときは、左足に寄せてスライスを打ちたくなると思いますが、いつも以上にダフりやすくなるので注意が必要です。

 

井上コーチの左足下がりのショット

 

 

===

日本プロゴルフ協会会員のプロに気軽に相談して、ライバルに差をつけたい人はコチラ↓

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です