ミート率はヘッドスピードにかなわない!ヘッドスピード簡単アップ

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

以前、「ゴルフの飛距離アップするためにミート率を上げる3ステップ」

http://scoremaker72.com/golf-distance-up

 

という記事を書きました。

 

女子プロゴルファーは、ヘッドスピードの割にミート率が良いからよく飛びます。

とはいえ、男子プロの飛距離にはかないません。

 

ミート率ももちろん重要ですが、飛距離の律速段階はヘッドスピードだと思います。

 

ミート率は、結構早めに頭打ちしてしまいますが、ヘッドスピードは筋トレ等をすればエンドレスで上がっていきますので。もちろん限界はありますが・・・

 

 

飛距離とヘッドスピード・ミート率の関係

 

飛距離の求め方

飛距離=ヘッドスピード × ミート率 × 4 

 

ミート率はどれくらいが適正??

ドライバーのミート率が1.40を超えると、プロゴルファーに近づきます。

アマチュアゴルファーは、一般的には、1.30~1.39の間に入ります。

 

ヘッドスピードはどれくらいが適正?

 

ヘッドスピードの目安は次の表のように分析されています。

 

ゴルファーのタイプ

ヘッドスピード

プロのハードヒッター

48m/s以上

アマのハードヒッター及びプロ

43-48m/s

一般ゴルファー

38-43m/s

非力なゴルファー

33-38m/s

女性ゴルファー

33m/s

 

出典:「GOLF CATALOG 2003-2004 AUTUMN & WINTER ダンロップゴルフカタログ」、(2003年7月)、SRIスポーツ(株)、65頁

 

 

計測してみて、このヘッドスピードより少ない場合は、ヘッドスピードを上げる方が飛距離アップに繋がります。

 

特に、初心者や、若くて、体格が平均よりも良い場合は1ワンランク上のヘッドスピードを出すパワーが十分にあると思います。ほとんどの人がマックスまで振れていないのが現状です。

 

ヘッドスピードを上げる練習には、是非取り組んでみてください。紹介する内容はとても簡単なので。

 

ちなみに、ゴルフショップの計測器は一般的にヘッドスピードが速く出る傾向にあると言われているので、注意してくださいね。

 

 

ヘッドスピード別の飛距離の目安

 

*ミート率が1.35と1.40と固定してヘッドスピード別のそれぞれの飛距離は下記のとおりですので、目指す飛距離から必要なヘッドスピードとミート率を確認してみてください。

 

ヘッドスピード50m/s

50 × 1.35 × 4 = 270ヤード

50 × 1.40 × 4 = 280ヤード

 

ヘッドスピード45m/s

45 × 1.35 × 4 = 243ヤード

45 × 1.40 × 4 = 252ヤード

 

ヘッドスピード40m/s

40 × 1.35 × 4 = 216ヤード

40 × 1.40 × 4 = 224ヤード

 

 

ヘッドスピード35m/s

35 × 1.35 × 4 = 189ヤード

35 × 1.40 × 4 = 196ヤード

 

 

ヘッドスピード30m/s

30 × 1.35 × 4 = 162ヤード

30 × 1.40 × 4 = 168ヤード

 

 

ヘッドスピードを上げるためにすぐできる練習

 

あなたのゴルフを70台のゴルフに変えるスコアメイカーコーチの井上龍太郎コーチに解説してもらいます。

=== 

スコアメイカーでは、日本プロゴルフ協会のプロゴルファーと365日繋がれます。

[adrotate banner=”3″]

===

 

すぐに実践できるので、是非お試しください。

 

  • ヘッドの部分を握って5~10回全力で素振りする。

この時、ヘッドスピードが速くなっている感覚を身体に覚え込ませる。

 

  • 次に、実際にボールを打ってみる。

これを繰り返すことで、徐々に速いスイングに身体が慣れてきて、マン振りした状態が普通の状態になります。

 

ただ、ブンブンクラブを振り回して失敗する人が多いですが、これはマン振りの速度に身体がついていけず、ブレてしまっている可能性が高いです。

 

この練習で、速いスイングに身体を慣れさせると、結果的にスイングスピードが上がっていきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です