肩を回しているのに、ゴルフで飛ばないのはスイングプレーンが原因?

日本プロゴルフ協会会員のプロゴルファーと365日繋がれるゴルフ業界初のオンラインサロン スコアメイカー管理人です。

 

===

スコアメイカーでは、日本プロゴルフ協会のプロゴルファーと365日繋がれます。

[adrotate banner=”3″]

===

 

ゴルフで”肩を回したら”もっと飛ぶよ~ってアドバイスされたことありませんか?

ちなみに、私は良く言われていました。

 

もちろんゴルフは、上がってなんぼ!わかっているけど、ゴルフで飛ばないと面白くないですよね。飛ばせるものなら飛ばしたい!って思いますよ。みんな。

 

でも、肩を回す意識が強くなりすぎると、だんだん飛ばなくなってくるんです。

 

実は、これは上手になっている証拠でもあるんですが・・・

 

初心者に多いゴルフで飛ばない理由は、「肩が回っていない」こと

 

golf-top

 

初心者のアマチュアゴルファーに多いトップです。

腕を上げる意識が強すぎて、身体が伸びあがってしまっています。

 

こんな人には、なんてアドバイスしますか??

 

「腕を上げる意識よりも肩回した方がいいよ!」

 

・言われたことありませんか?

・言ったことはありませんか?

 

100前後のゴルファーの方なら必ず心当たりがあるはず

 

 

そして、肩を回し続けた・・・

 

肩を回すことは間違っていませんよね。腕だけではゴルフは飛ばせません。

 

 

アドバイス通りに肩を回していると、動画のようにいい感じにトップが作れるようになってきます。

 

 

でも、そればかり意識すると、、、

 

肩を入れているつもりで、腕が回っているだけ!になってしまうことがあります。

 

 

こういう人を見たことありませんか?

 

アドバイス通り肩を回しているのに、実は回っていないスイングのポイント

以下のいずれか、または複数が当てはまっていると思いますが、肩を回しているつもりで実は回っていない人は、ヘッドがスイングプレーンの内側に入ってしまっていることが多いです。

 

1.腕を伸ばしたままテイクバック

肩を回すことばかり意識すると、ノーコックでトップの位置が低くなってきやすくなります。インパクトのときにフェイスが開いて入るので、プッシュスライスが出やすくなります。

 

2.手の甲がアドレスの時よりも上を向きながらテイクバック

肩を回す意識で、ヘッドがプレーンよりも内側に入ってきてしまいます。

そして、インパクトのときにフェイスがより開きやすくなってしまっています。

野球をしていた人に多いので、野球をしていた人はチェックしてみてください。

 

3.左腕に力が入ってテイクバック

本人は、肩を回しているつもりでも、テイクバックの時に左腕に力が入って肩の動きを止めてしまいます。結果トップが浅くなりやすくなります。

 

 

肩を上手に回して、ゴルフで飛ばない!と言わせない方法

 

スイングプレーンの内側に入れないようにするコツは、コックを作ることです。

 

左腕を曲げてコックを使ったテイクバックを行うと、肩が回りやすくなり上からたたけるようになりますので、右プッシュスライスの軽減や飛距離UPに繋がります。

 

ヘッドを手首で持ち上げるようにテイクバックを開始すると、コックを使う感覚や腕を曲げることができるようになります。

 

コックの作り方はコチラに詳しく書いてあります。

「8割の人ができない飛距離アップで必要なコックの作り方」

 

ゴルフで飛ばないときの対処方法のまとめ

 

ゴルフって難しいですよね。肩回せ!って言われたから肩を回していたのに、次はまた縦振りせい!って言われる。。。

 

「どっちやねん!?」

 

って感じになります。

 

でも、それは少しずつ上手になっている証拠です。

 

腕を上げるだけの縦振りから、肩を回すだけの横振りになり、横振りがひどくなりすぎて、またコックを使って縦に振る。

 

同じ縦振りでも、腕を上げるだけのスイングと、コックを使ったスイングは全く違います。

 

ゴルフ上達のイメージはこんな感じだと思います。

 

golf-score-up-image

 

 

スポーツはなんでも練習あるのみ!少しずつ頑張りましょー。

 

===

スコアメイカーでは、日本プロゴルフ協会のプロゴルファーと365日繋がれます。

[adrotate banner=”3″]

===

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です